細い毛糸   

2010年 10月 24日


細い毛糸

a0157847_115941.jpg

これは、あっしの母親が着ていたセーターです。

セーターに限らず、洋服も手作り。

裁縫に編み物・・・母親は細かいことが好きだった。

スカートなんて型紙なし。(笑い)

大きな布をジョキジョキ、ジョキジョキ、ハサミで切って、

チクチク・チクチク縫っていた。

細かいことが好きな割りには、大雑把。

そこが母親らしいんだけどね。(ガハハ)

a0157847_11592045.jpg

冬は編み物をよくしてた。

毛糸はいつも細い分。

肩が凝ってしょうがない、なんていいながら、細い針で毎日コツコツ編んでいたなぁ。

「なんで細い毛糸で編むんだべ?太い毛糸なら楽なのに。」

母親の肩を叩きながら、いつもそんなことを思ってましたよ。(笑い)


あっし、一度その毛糸を隠しただよ。

毛糸がなければ編み物をしない、そうすれば疲れないんじゃないかと思って。

そうしたら母親がこう言ったんです。

「お母さんは細い毛糸が好きなの、だからいいんだよ。」・・と。

その時は、その意味がわからなかった。

でも今ならわかる。

自分の気持ちを押し付けず、相手の気持ちを尊重することが

大事なんだな・・・と。

人気ブログランキングへにほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

好きなことは続ければいい。(´ー`)

by dokaben-umesan | 2010-10-24 11:39 | 昭和

<< 本日の昭和弁 昔のとうきび。 >>