タグ:家族 ( 17 ) タグの人気記事   

古いアルバム   

2010年 12月 13日

古いアルバム


a0157847_9333740.jpg

これは、あっしが両親のところにきた生後6ヶ月から

幼稚園卒業までの写真が収められているアルバムです。


子供の頃、このアルバムの読み聞かせをしてくれただよ。


母親は、まるで絵本を読むように、

その時のことを、あっしに語りかけてくれたんだよねぇ。


万博で迷子になったこと・・・。

電車の窓から、チューチューアイスを落として泣いたこと・・・。

こうやって忘れることなく、思い出すことができるのも

この読み聞かせのおかげだべな、きっと。(´ー`)

人気ブログランキングへにほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

大切な思い出ツール。

by dokaben-umesan | 2010-12-13 22:38 | 昭和

二つのすいとん   

2010年 11月 04日



おはようございまっす。

今日は病院の外来日で弁当がないもんで、昔の思い出話をしたいと思います。

よかったら聞いて下さいまし。


以前の記事でもお話しした通り、あっしは扁桃腺持ちで毎週のように熱を出してた。

小児科では常連組。

ピアノの発表会などのイベントには必ずと言っていほど熱を出す。

親泣かせの子供だったと思いますよ、本当に。(笑い)


こんなあっしの為に母親がよく作ってくれたのが、このすいとんです。

a0157847_20403568.jpg

母親の作るすいとんには、小麦粉団子と白玉団子の2種類が入ってた。

a0157847_20423658.jpg

白玉は扁桃腺で喉が腫れている、あっしの分。

小麦粉すいとんは母親が食べる分・・・。

a0157847_20432634.jpg

白玉は大好きだったけど、あっしはそれが嫌だった。

なんとなく心苦しかったんだろうね、母親の気持ちがわかってたから。

だから、お母さんの団子が食べたい!と言って、いつも白玉と交換してただよ。

a0157847_2044890.jpg

母親もあっしも気持ちに気づいてたんだべな。

「お母さんは子供の頃から、これ食べてるんだからいいのに・・」なんて言いながら

嬉しそうに白玉を食べていた母親の姿が今でも目に浮かびます。


a0157847_20414983.jpg

二人で食べた2種類のすいとん。

これからも決して忘れることのない、あっしの大切な思い出です。

人気ブログランキングへにほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

質素だけど、贅沢な味。

by dokaben-umesan | 2010-11-04 07:57 | 昭和

細い毛糸   

2010年 10月 24日


細い毛糸

a0157847_115941.jpg

これは、あっしの母親が着ていたセーターです。

セーターに限らず、洋服も手作り。

裁縫に編み物・・・母親は細かいことが好きだった。

スカートなんて型紙なし。(笑い)

大きな布をジョキジョキ、ジョキジョキ、ハサミで切って、

チクチク・チクチク縫っていた。

細かいことが好きな割りには、大雑把。

そこが母親らしいんだけどね。(ガハハ)

a0157847_11592045.jpg

冬は編み物をよくしてた。

毛糸はいつも細い分。

肩が凝ってしょうがない、なんていいながら、細い針で毎日コツコツ編んでいたなぁ。

「なんで細い毛糸で編むんだべ?太い毛糸なら楽なのに。」

母親の肩を叩きながら、いつもそんなことを思ってましたよ。(笑い)


あっし、一度その毛糸を隠しただよ。

毛糸がなければ編み物をしない、そうすれば疲れないんじゃないかと思って。

そうしたら母親がこう言ったんです。

「お母さんは細い毛糸が好きなの、だからいいんだよ。」・・と。

その時は、その意味がわからなかった。

でも今ならわかる。

自分の気持ちを押し付けず、相手の気持ちを尊重することが

大事なんだな・・・と。

人気ブログランキングへにほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

好きなことは続ければいい。(´ー`)

by dokaben-umesan | 2010-10-24 11:39 | 昭和

最後の手料理   

2010年 08月 10日



最後の手料理

a0157847_0195893.jpg

これは茄子のぐじゃぐじゃという料理です。

焼いた茄子に生姜と鰹節を入れて、包丁で細かく叩く。

これを白飯の上にのせて食べるのが好きで、

この時期になると「お母さん、なすのぐじゃぐじゃ作ってよ」とリクエストしたのを憶えてる。


入院中、ミキサー食だった母親に何か旨いものを食べさせてあげたくて

母親の好物を作って持って行っても、なかなか受けつけない。

煮豆を潰してペースト状にしたり、果物をジュースにして凍らせてみたりしても

どれも喜ばない。

倒れて言語障害が出てしまい、何が食べたいかわからなかっただよ。

そんな時、昔作ってくれたこの料理を思い出したんです。

a0157847_0202287.jpg

この茄子、カツオのたたき風なんですよ。

ニンニク、生姜、青紫蘇、これに醤油とレモンを絞っただけの簡単な料理だけど

母親は喜んで食べてくれた。

あっしの母親、かつおのたたきが大好きだっただよ。

あの時の嬉しそうな顔、今でも忘れられません。


これを作るといつも思う。

もう一度食べさせてあげたかったな。

茄子ではなく、本物のカツオのたたきを・・・と。
a0157847_9292769.jpg

人気ブログランキングへにほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

by dokaben-umesan | 2010-08-10 08:44 | 昭和

白いカキ氷   

2010年 07月 27日


白いカキ氷


おはようございます。

今日は弁当がいらない日なので、代わりに思い出話を書きます。

よかったら聞いて下さいまし。


夏になると思い出すことがある。

幼稚園の帰り道に丸太のベンチが横たわっていて

この時期になると、2人でそこに腰掛けてカキ氷を食べていた。

ちょうど幼稚園と自宅の中間くらいだったかな、今はコンビニなってるんだけどね。(笑い)

あっしは赤いイチゴのカキ氷、母親は決まって白いみぞれ味。

これを食べるのが楽しみでねぇ。夏が来るのが待ち遠しかったなぁ。(´ー`)


あっし途中で幼稚園をかわっただよ。トイレが怖くて。(笑い)

母親が迎えにくるまでずっと我慢して、昼寝もできなかったのを憶えてる。

それでちょっと遠い別の幼稚園に移ることになっただよ。


でもそのせいで母親に負担をかけてしまった。

母親、あっしが4歳の時に手術をしただよ。

入院していたのは子供のあっしでもわかってた。

叔母が田舎から出てきてあっしの世話をしてくれてたからね。


そんな病み上がりの後の幼稚園の送り迎えは大変だったと思う。

大人になってわかっただよ、ああ、母親はこの丸太に座ってひとやすみしてたんだなと。

冷たくて甘いカキ氷で疲れを癒してたのかなと。

白いカキ氷を見ると思い出す、甘くてせつない思い出です。

a0157847_7532617.jpg

人気ブログランキングへにほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

by dokaben-umesan | 2010-07-27 08:05 | 昭和

母親とあざみの花   

2010年 06月 18日

おはようございます。

今日は急な打ち合わせが入ってしまい、弁当がいらなくなりました。

せっかく来て頂いたのに申し訳ない。m(__)m

代わりに少し思い出話をしたいと思いますので、よかったら聞いて下さいまし。



あっしの母親は、花が好きだった。

藤の花、あやめ、あざみ・・。

紫の花が特に好きだったんだと思います。


この時期になると、いつも思い出すことがある。

幼稚園の帰り道に、あざみが咲く場所があってね

そこを通る度にその場にしゃがんで、しばらく花を眺めてた。


ある日、そのあざみを摘みに行っただよ。

母親にプレゼントしようと思って。

そうしたら、母親にとったらダメって言われて

あっし、わんわん泣いただよ。

喜んでくれると思ったから、ちょっと悲しかったんだろうね。


そんなあっしを見て、母親が優しくこう言ったんです。

「あの花はね、あそこに咲いているから綺麗なんだよ。」

「2人でここからそっと見守りましょう。」・・・と。


その言葉が、今でも心に残ってます。

母親は思いやりを持て、と言いたかったんだと思う。

人間だけでなく、何に対しても。


a0157847_2273971.jpg

人気ブログランキングへにほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

 
今年も綺麗に咲いたよ、あざみの花。

by dokaben-umesan | 2010-06-18 07:31 | 昭和

両親への思い。   

2010年 06月 11日



おはようございます。

昨日は頭痛と吐き気に加え、胃も痛くて一日唸ってました。

吐き気は治まったんですが、胃痛がひどくて辛い状態が続いています。

今日は弁当がないんで、自分の事を少しお話ししたいと思います。

ちょっと話が重く感じるかもしれませんが、よかったら聞いて下さいまし。


あっしは生後6ヶ月の時に、今の両親の子供になりました。

生みの父親は、今の父親の甥っ子。

俗にいうできちゃった婚で、あっしが生まれてすぐ離婚したらしい。

生みの母親があっしを置いて逃げちゃっただよ。

きっと耐えられない何かがあったんだべ、若かったしね。(笑い)


そんな行き場のないあっしを今の両親は喜んで迎え入れてくれた。

子供が授からなかっただよ、今の両親。

だから、あっしが来てすごく嬉しかったんだって。(´ー`)


このブログは、そんな両親との思い出の記録です。

母親が作ってくれた料理や思い出の味・・

これを実際に作って弁当として記録していこう。

そう思ったのが、このブログを始めたきっかけです。

血のつながりなど関係なく、あっしを心から愛してくれた両親への感謝を

ここなら素直に表現することができる。

このブログをはじめて本当によかったと思ってる。


そして、皆さんとお会いすることもできた。

顔も名前も知らない、そんなあっしの体調を心配してくださる。

そのお気持ちが嬉しくて・・・、なんとお礼を言っていいかわかりません。

参考にならない弁当なのに、いつも見に来てくれてありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたしまっす。m(__)m

a0157847_4171588.jpg

人気ブログランキングへにほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

ピンボケでごめん。

by dokaben-umesan | 2010-06-11 07:00 | お弁当